2017年09月22日

職場ラウンドで見つけましたよ♪

 定期的に医療安全を担当している師長と各部署をラウンドしています。患者誤認防止のために患者確認を手順どおり行っているか、職員の言葉づかいや態度はふさわしいものか、挨拶ができているか・・基本的なことですが目で見て確認をしています。また、それだけだと悪いとこ探しみたい聞こえますが、患者さんと直接話をしたり、スタッフとも話できるので、知らなかったこと、頑張っている事などを改めて知る機会にもなります。

 そんな中で、見つけた今日の良いこと☆すごいこと
 まずは4病棟。手書きの壁新聞!「ファーム通信」というリハビリ病棟の患者さんスタッフで育てている野菜について書かれています。収穫の様子を紹介したり、栄養士さんの野菜に関わる豆知識が載っています。

2017092101.jpg

そして3病棟。
カウンターはすっかり秋!患者さんとの共同作業の作品が飾られています。

2017092102.jpg

2017092103.jpg

 そして外来。
 最近、患者・職員からもクオリティーが向上した!と評判の切り絵。

 中央治療室、内視鏡室、病児保育などで見ることができます。どの部署でも患者さんや来院の方に喜んでいただけるよう頑張っている気持ちが伝わってきました。
 病院って、怖い・痛い・できれば来たくない・・。そんな気持ちをすこしでも和らげる。そんな雰囲気が感じられます♪

2017092104.jpg

2017092105.jpg

2017092106.jpg
posted by 川久保病院看護部 at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

お手紙

 先日職場体験に来た中学生からお手紙を頂きましたので、一部ご紹介。いつもお礼の手紙はいただくのですが、個人の看護師あてに来たのは初めて。中学生から見た看護師さん。そんな風に見えていたんだな・・と、スタッフの知らない部分を逆に教えてもらった気がします。嬉しくなりますね(^^)。

 「特に心に残っていることは、看護師さんの仕事のハードさです。毎日病室をまわって患者さんの体調を確認していることを初めて知り、大変だということがわかりました。それでも○○さんが笑顔で患者さんと接して、働かれているのをみて、患者さんのことを考えていらっしゃることが伝わってきました。いくつか質問させていただいた中で、「働くうえで大切なこと」が一番心に響きました。どんなときでも相手の事を考えて行動されていることが、一日○○さんの仕事を近くで見せていただいてわかりました」

 中学生を受け入れて、将来について考える機会につながればいいな〜と思い、今年度も4校から受け入れを行いました。看護師になりたい!まだ迷っている!医療系を考えている!など、体験に来る子どもたちの理由は、バラバラです。それでも私たちの働く姿が医療、病院、看護等、様々なことを考える機会となっていることを実感しました。しっかりと魅せていきたい!ですし、今回のように中学生からみた看護師の働くイメージやスタッフの本音を聞ける機会にもなるので、「中学生体験」をこれからも大切にしていきたいですね(^^)

総看護師長 小松
posted by 川久保病院看護部 at 17:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

看護部集会

何度かお話していますが、今年度は看護協会のWLB(ワークライフバランス)推進事業に参加しています。

今年5月に事前説明会を受け、
6月にはインデックス調査を実施。
8月に結果がでて、それらをもとに現状分析やアクションプラン作成を行ってきました。

今回は、その調査結果の報告を看護部集会で行いました。

2017090701.jpg

職員構成、年次休暇取得率、様々な制度の取得の有無と知識についての認知度、職場評価等様々な項目があり、それらを年代別で表しました。
そして、そこから見える課題について、各部署から意見を出し合い、今後取り組んでいく予定です。

私たち病院の理念は、
「患者の権利」を守り、安全、安心、信頼・納得の医療・福祉をすすめます。

それらを実現するために

みんなが働きやすく、働き続けられる職場をつくる!

これが今回の目標です。
雇用形態が違っても、男でも女でも、若くてもベテランでも、独身でも子どもがいても・・様々な違いがあっても、それぞれが助け合い力を合わせて仕事ができる職場を目指していきたいと考えています!

posted by 川久保病院看護部 at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする