2020年01月08日

今年もよろしくお願いします


あけましておめでとうございます。
遅くなりましたが昨年の回復期リハビリ病棟でのクリスマス会の様子をお知らせします。

4病棟クリスマス会🎄
1.jpg
1-2.jpg

歌とハンドベルで盛り上がりました
2.jpg
2-1.jpg
2-2.jpg


栄養科手作りのケーキを食べ、
ノンアルコールビール、シャンメリーで昼食を楽しみました

3.jpg
posted by 川久保病院看護部 at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

看護介護活動交流集会

今年で37回目になる、看護介護活動交流集会が行われました。
テーマは 〜広げようみんなが生きやすい社会〜

まずは実行委員長、前川師長の挨拶

1.jpg

続きまして
病院、クリニック、介護施設など6演題発表が行われました。
どの発表も、患者さん利用者さんのことを考え、実践した内容でした。

2.jpg

緊張の発表を終え、リフレッシュタイム☺
座りっぱなしの身体を動かしました

3.jpg
4.jpg

講演は川崎協同病院の吉田絵理子先生による「医療・介護に必要なLGBTQsの基礎知識」でした。

5.jpg
6.jpg

同性愛が社会でどう扱われてきたか、世界における同性愛者への対応、トランスジェンダーが社会でどう扱われてきたか、など歴史を知り、今は昔よりは理解されてきてはいるが、いじめや差別があったり、誰にも相談できずうつ病になったり、体調が悪いからといって、簡単に医療機関(医療機関でも差別を受ける)にかかりにくい現状を聞き、こんなにも当事者の人たちは苦しんでいるのか、と思いました。

 講演を聞き、個人ができること、病院で取り組むことを考えさせられました。
個人ではまずアライになろう!と6色のレインボーグッズ身につけました。アライとはLGBTの支援者です。LGBT当事者の人たちは、レインボーグッズをつけている人を見るだけでも安心するそうです。
 病院でも、問診票の見直しや、診療環境を整える、職員間で学習する、などすすめて、誰でもかかりやすい病院を目指していきたいと感じた集会でした。
posted by 川久保病院看護部 at 10:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

〜あなたの声をお聞かせください〜 より

 当院には各階に投書箱が設置されています。患者さん、家族さんどなたでも書くことができます。専用の用紙には、〜あなたの声をお聞かせください〜 と書いてあります。

 厳しいご指摘をいただくこともありますが、最近は嬉しいお言葉をいただくことが多いです。その中からいくつかご紹介したいと思います。

〜検査中の切なさ、大変さ、びくびくの中、看護師さんの背中のさすりに力をいただき、感謝感謝でした〜

〜貴病院での手術を決断してよかったと満たされた気持ちです。何よりもチームワークという信頼感が初めての不安を消してくれたのだと思います〜

〜看護助手さんの仕事ぶりを見て看護師さん同様頭の下がる思いでした。食事の場面での上手な声掛けで介助している姿をほかの人にもみてほしいと思いました。おかげで自分の妻は寝返りもできなかったのが、1人でできるようになりました〜

 このようなお言葉をいただくととてもうれしいです。どんなことに対して評価されるのか、職員の目線ではなく病院を利用している患者さん、ご家族さんの目線で教えていただけるので、とても有難いことです。

 逆に厳しいご指摘は、非常に残念ではありますが、改善する機会をいただいていると思って対応しています。

〜あなたの声をお聞かせください〜 に寄せられたご意見を、これからも大切にしていきたいと思います。 
posted by 川久保病院看護部 at 09:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする