2016年09月17日

認知症サポーター養成講座

看護部だけのことではないですが、ご報告

川久保病院の今年度の目標の一つ、「職員全員が認知症サポーターになる!」ために、本日第1回目の養成講座が行われました。参加者は47名。

2025年に我が国の認知症高齢者は700万人に達し、高齢者の5人に1人、国民の17人に1人が認知症になると言われています。

認知症になってから・・ではなく、早期対応も重要になってきます。病院にはたくさんの患者さんが来院します。あれ?いつもと違うな?と気づくことも大切ですし、家族の相談にそれはもしかして・・とアドバイスすることができ、治療につなげられます。認知症になってからも疾患への正しい理解と対応を学ぶ事で、本人も家族も安心して通院を続ける事ができますね。

医師、看護師だけでなく、事務、栄養士、リハビリ等すべてが参加し、全職員が認知症サポーターを取得できるよう・・・この養成講座はあと4回予定されています♪

16091601.jpg

16091602.jpg
posted by 川久保病院看護部 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

訪問看護師さんの学習会

 地域包括ケアシステムが進められる中、私たち病院看護師ももっと地域にでて、在宅で暮らす患者さんを知ること、そして地域や介護の方たちと協力し、地域全体でその人を支えることが必要な時代となっています。今年の診療報酬改定により、私たち病院看護師も退院直後に患者宅を訪問し、退院後の在宅における療養上の指導を行った場合の評価として、退院後訪問指導料が新設されました。
 
 そこで、私たち川久保病院でも退院後の患者さんのケアを継続できるチャンスと考え、退院後訪問を積極的に行っていきたいと思っています。もう退院?心配だな?という患者さんや家族さんの声にも、退院してからも私たちが行きますよ。大丈夫!と自信を持って言うことができます。ただ、はじめて自宅で暮らす患者さんをみるスタッフもいる中で、ちゃんと勉強をしなくては!ということで、訪問のプロである「訪問看護ステーションかわくぼ」の上川原主任を招き、在宅訪問を行うために心がけたいことについて、学習会を行いました。

16091201.jpg

16091202.jpg

 病院は医療者のフィールド、在宅は患者さんのフィールド
 あくまでもご自宅に「訪問させていただく」という気持ちで臨むことが大切・・ということで、訪問時のマナーや声かけの仕方などを教えていただきました

 訪問をすることで、病院での看護に活かせることもたくさん出てくるはず。
 今日の学習会を全体で共有していきます(^^)/
posted by 川久保病院看護部 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

語る会

あっという間に9月になってしまいました。
今月初めての記事となります。外来での取り組みについて紹介します♪


外来師長の田中です。

 外来では、昨年から「語る会」をやっています(^o^)

語る会って?
外来業務は問診・採血・処置など、つい流れ作業に感じがちなものが多いです、また、各科の看護がなかなかみえないのも大きな特徴かと思います。

 お互いの看護を知ることができる場かツールが欲しいと、長いこと悩んでいました・・・(-_-) んで、思いついたのが、語る会です。

月1回30分程度で、各科の活動やキラッと看護を語ってもらいます。みんな顔が見えるように、輪っかになります。

今月の語る会をご紹介♪♪

9月の担当は在宅診療科☆彡  当院在宅診療科は管理患者数が163名、多くの「出会い」と「別れ」があります。
別れは、亡くなる方がほとんどですが、まれに遠方への引っ越しで、在宅診療が終了になる方がいらっしゃいます。今回のお話も、2年間訪問診療していたAさん、状態も落ち着いており、このまま続くものだと誰もが思っていましたが、いろいろあり(割愛します)遠方に行くことが決まりました。たった2年間の付き合いでしたが、在宅診療科のスタッフの写真入りのメッセージカードをプレゼントしました。
とっても素敵な笑顔で喜んでくれたAさん(^o^) 時々、思い出してもらえると嬉しいな〜 これからもひとつひとつの出会いや別れを大切に看護していきたい。

という内容でした。(だいぶ割愛していますが・・) 在宅医療を知らないスタッフから、へえ〜などの声が聞かれるんですね(・。・) 毎日会ってはいるけど、なかなか知りえない看護があります。これからもお互いを知るためにも続けていきたいと思います。

19090901.png

19090902.png
posted by 川久保病院看護部 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする