2016年11月28日

川久保病院高校生一日看護体験〜〇高DAY〜

みなさんこんにちは( ´―`)ノ☆
だいぶ寒くなってきましたが、寒さにインフルエンザに負けず、看護体験を実施しております!
毎年多くの高校生が参加してくれているこの体験
一人でも多くの高校生に参加してもらいたいと思うわけですが…
それでも、受け入れる定員数があり、残念ながらお断りをしてしまう生徒さんもいます…

なので、今年度は看護体験〜〇高DAY〜という企画も新たに行っていますo(○`ω´○)9
〇高DAYとは、その日はその学校の生徒さんだけが参加するという日!(そのまんまですが)※〇高DAYの概要紹介は、今回割愛いたします。

実はブログには載ってないのですが
すでに第1弾を開催していて今回が〇高DAYの第2弾!!
今回は当院の隣にある、盛岡第四高校の生徒のみなさんが参加してくれました!
午前、午後合わせて総勢17名!!(*゜д゜*)

そして、今回はスペシャルなサポーターが登場(☆∀☆)

2016112601.jpg

現役看護学生であり、しかも盛岡四高のOBなのです!!
参加する生徒さんには相性抜群の経歴ですね(≧∇≦)/
当院の法人の看護奨学生ということで、サポート学生として参加してくれました!!
ありがとう〜〜(人´∀`)アリガトー♪

前置きはこれぐらいにして本題の体験の様子をご紹介していきます(`・v´・)ノ=☆・゜:*

午前・午後ともに
・院内見学
(見学の様子の写真)

2016112602.jpg

2016112603.jpg

2016112604.jpg

・患者さんとコミュニケーション
・血圧測定体験

2016112605.jpg

2016112606.jpg

2016112607.jpg

2016112608.jpg

・質問コーナー

2016112609.jpg

2016112610.jpg

という基本は同じですが
患者さんとのコミュニケーションを取るところは
午前と午後では違った体験を行いました(´∀`)

午前は患者さんの手浴を実施

2016112612.jpg

2016112613.jpg

看護師さんからの説明やレクチャーを受けて
患者さんに声をかけながら
手浴をさせてもらいました(。・ω・。)

2016112614.jpg

2016112615.jpg

2016112616.jpg

感動していた患者さんもいましたよ(*´ω`*)
お湯の適温は人によって違うので
患者さんに声をかけながら表情や反応を読み取っていくことがとても大切なんですよね!
緊張した面持ちで生徒さんたちは手浴をやっていました。
おつかれさまでした(^ω^)

一方、午後はというと

2016112617.jpg

2016112618.jpg

2016112619.jpg

患者さんとの風船バレー!!

2016112620.jpg

患者さんとペアになって
飛んでくる風船を反対側へ飛ばします!
チーム戦ではないのですが
みなさんバシバシ風船を返していました\(◎o◎)/!

2016112621.jpg

2016112623.jpg

2016112624.jpg

最初は緊張してあまり患者さんとお話できなかった生徒さんたちも
バレーをしながらだんだん打ち解けて患者さんと楽しそうにしていました(´ω`*)

看護師の仕事ってどんな様子なのか、医療の世界で働くってどんな感じなのか
百聞は一見に如かずです!
気になる方はぜひ参加してみてください(≧∇≦)/

ではまた〜☆
posted by 川久保病院看護部 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

第34回 岩手民医連 看護・介護活動交流集会開催

11/19(土)「第34回 岩手民医連 看護・介護活動交流集会」が行われました。毎年この時期に行っている学習会で、今年の参加者は組合員、学生を含む74名でした。

2016112501.jpg

はじめに「認知症看護の基礎知識と家族支援について」と題して、岩手医科大学附属病院 認知症看護認定看護師である田村美帆さんからの講演。認知症看護の基礎知識として、認知症者が増加している日本の現状や、病態分類などを教えていただきました。後半は家族支援について、認知症と告知された家族の心の動きや、家族を支援することの重要性などを伺いました。参加者からは、“わかりやすかった”“今後のケアに活かしていきたい”などの感想が寄せられました。

2016112502.jpg

そのあとは、川久保病院認知症PJ、ひだまり認知症PJからの報告と、各部署から8本の演題発表。看護・介護の各部署で取り組んでいる事例について報告されました。
同じ職場で働いていても他の部署の取り組みはあまり見えてこないのが現状です。このような機会に、互いの頑張りを知り、元気をもらっているのです(*^^)v

2016112503.jpg

そして最後にグループごとに“お茶っこ会”という名の感想交流をおこない閉会です。

参加者の感想より
「病棟での取り組みや他部署での症例はこのような場でしか聞くことができず、ぜひ自分の部署でも取り入れてみたいと思う内容ばかりで、集会後よりメラメラ燃えております!!」
とのこと。

今後、私たち職員がどのような看護・介護に取り組んでいくかお楽しみに〜(@^^)/

実行委員 阿部彩子

posted by 川久保病院看護部 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

中学生職場体験☆

 先日、中学生が看護師と医療事務の体験に来ましたよ♪感想文の一部紹介!!

「看護師さんになる人たちは、皆さん人と接するのが好きなんだと感じました。どの患者さんにも優しく接しているところがすごいなと思いました」

「看護師の方々が患者さんと同じ目線で優しい声のトーンでお話しされているのを拝見してすごく感激しました。」

「看護助手さんはシワなくシーツをしいていてすごいなと思いました。」

「患者さんの一人ひとりの経過をしっかり記録されていてすごいなと思いました。」

「自分が想像していたよりも、医療事務にはたくさんの役割があって、それぞれとても大切な仕事なんだと実感しました」

普段何げなく行っていることが、中学生には↑↑のように見えたんですね。
すごい!!と、思ってもらうことは普通ではないってことですから、自分たちも嬉しい気持ちになりますね。

将来の進路についてまだまだ悩む時期。たくさんの経験をして学んで、やりたいことを見つけてほしいですね。
2016110101.jpg
posted by 川久保病院看護部 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする