2017年01月20日

今年もよろしくお願いいたします

すっかり投稿が遅くなってしまいました。今年もどうぞよろしくお願いします。
川久保病院の様子が少しでも伝わるように、ブログ更新を続けていきたいと思います。

さて、今日は新しく完成したどんぐり保育園の見学会に行ってきました。
2017年4月から、子ども・子育て支援新制度の地域型保育事業の事業所保育所を盛岡市で初めて開設することとなりました。 地域の子ども達も受け入れて、新しく保育園が生まれ変わります!!

入口です!

2016012001.png

どんぐり保育園は、子どもが生まれても働き続けたい、子どもたちの生活の見える環境で子育てしたいという盛岡医療生協で働く職員のために作られた保育園。1976年1月に民家を借りてスタートしたのがはじまりです。

 私の子どももお世話になりましたが、働く看護師にとってすぐそばに子どもがいるというのは本当に安心なこと。とくに赤ちゃんの頃は、通勤も一緒、母乳をあげに職場から歩いていく事ができ、熱がでたと保育園から連絡きてもすぐに迎えにいくことができる。看護師として働き続けることができたのも、職場保育所があったからこそ・・と思っています。

 また、保育園の子ども達が病院にきて、お遊戯やお歌を披露してくれることも・・。私たち職員だけでなく患者さん達にも元気を与えてくれます。患者さんも子どもを見ると自然と笑顔になります。そんなことができるのも職場保育所だからこそ・・。病院にとっても本当に大切な「どんぐり保育園」なのです。

新しい保育園からは、病院がすぐそこに見えます。子どもたちにとってもお父さん、お母さんが働く病院が見えると安心ですね。「ママはあそこにいるんだよ〜」と指をさして子どもたちがお話しするんだろうな〜♪

2016012002.png

日当たりもよく、とても明るい園舎です。ここはコミュニティホール。子ども達はもちろんお母さんたちや保母さんとの交流の場となりそうです。

2016012003.png

こちらは大きい子ども達のお部屋

2016012004.png

かわいいおトイレ

2016012005.png

赤ちゃんのお部屋

2016012006.png

何も置いていないので、特に広く感じますが、とても素敵な建物でした。

これからは地域の子どもたちも受け入れるということで、職場だけでなく地域でも必要とされる保育園になりますね。4月が楽しみです。


そして、病院も1月らしくなりました。アイディアマンのスタッフ達に感謝☆

2016012007.png

2016012008.png

2016012009.png

病棟では書初め大会も・・
「久しぶりだわ〜」と言いながらも立派に書いていただきましたよ。

2016012010.png

ブログスタートが遅くなりましたが、無事に新しい年を迎えることができました。
これからも地域にとって、病院を利用していただく方々、医療生協の組合員さんにとって必要とされる病院づくりをめざし、職員とともにがんばります。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

総看護師長 小松
posted by 川久保病院看護部 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする