2018年10月06日

第14回全日本民医連看護介護活動研究交流集会に参加して

 9/30〜10/1に宮城県仙台市で開催された全日本民医連看護介護活動研究交流集会に参加してきました。看護師として働いて四捨五入すると、もう20年💦近くなりますが、この交流集会に参加するのは初めて。

 今回自分の役割は、震災復興展示会場のブース係りです。2011年の震災から7年が経過し風化させない為、岩手・宮城・福島の3県でまとめることになりました。当初、看護部3人ほどで準備するはずでしたが、看護部も色々と忙しくなり、開催1週間前には担当が自分一人となってしまいました (涙)


 さ〜て・・・、どうしようっ!?

 まずは、各県からの寄せ書きを掲示するよう指示されていましたので、病院に残っていないか確認。
⇒病院に届いた寄せ書きは、2つほど頂いていたようですが、すでに残っておらず・・。
 
 次に、沿岸地域の市役所等に寄せ書きが残っていないかお聞きしました。すでに被災した各部落等に配布しており、市役所等には残っていないとのことでしたが、HPに載っている写真等は自由に使って構わないとの返答を頂きました。

 一人では、負担も大きかった為、県連事務の方にもまとめを手伝って頂き、「被災した地域の過去・被災後・現在の空からの写真」や、「被災後の法人の対応」等ポスター8枚ほどをまとめました。1週間という短い期間でしたが、まずまず良いものが仕上がったと思います。

20180100501.jpg

20180100502.jpg

20180100503.jpg

20180100504.jpg

20180100505.jpg

 県連ごとに工夫もされ、全国各地の方々に熱心に見て頂き、とても嬉しかったです。苦労した甲斐がありました(∩´∀`)∩

 全体の参加数は、843名 とのこと。台風が心配されましたが、大きなトラブルなく終えることができました。後日、本部の方からメールが入り、「震災コーナーも各県の工夫がありとても感動した」と言われたようです。震災真っただ中で開催された歴史に残る交流集会ではなかったかとの声も聞かれました。


 さてさて、展示ブースのことについてしか触れていませんでしたが、交流集会はどうだったでしょうか。まずはポスターセッションに看護部から、介護福祉士の三浦さんが発表しました。

20180100506.jpg

 多くの方に聞いて頂きました。(介護部からも、1演題発表がありました)

 記念講演では、川嶋みどりさんの発表があり、今一度戦争に関して考えさせられました。川嶋先生から「聴き、記憶し、語り伝えるために 自分が語るレベルにまでいかなければならない」と、言われた一言にはとても感銘を受けました。

 演題発表総数は467演題! 自分の聞きたい演題発表に参加し、学びも多かったです。参加させていただいたからには、現場に生かさなければなりませんね
φ(. . )メモメモ

 ※話しに夢中で、地下鉄で「乗り過ごし事件」もありましたが、良い勉強の機会を頂きました。

 では、また(‘ω’)ノ

外来師長:北舘 智
posted by 川久保病院看護部 at 09:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。