2018年11月16日

師長研in秋田

 2018年11月2〜3日 
 秋田市に当院の師長4人で東北地協看護師長研修会に参加してきました。東北師長研は2年に1回開催。東北6県の各施設の師長が集まり、勉強したり交流したりする研修会です。

 というわけで盛岡から秋田市へ、いざ新幹線で

2018111301.jpg

 今回の研修テーマは「守ろう!患者さんの生命と生活 支え・繋ぐ・民医連看護」
 講演は東京大学大学院医学系研究科 准教授 近藤尚己先生の「医療機関で進める健康格差のためのまちづくり〜地域包括ケア時代の管理者に必要なSDHの視点〜」でした。
 
 皆さん、SDHという言葉はご存知ですか?
 健康の社会的決定要因、貧困や生活環境が疾病や健康に作用するといった意味です。健康は遺伝子や生活習慣だけで決まるわけではありません。その1つが社会的要因で、個人の所得や家族状況、友人・知人とのつながり(社会的ネットワーク)など様々な要因があります。
 
 長〜い、前置きになりましたが、SDHを念頭に置き、近藤先生の講演を聞きグループワークを行いました。印象に残った話をいくつかご紹介👇
 せっかく病気を治した患者をなぜ病気がうまれる環境に戻すのか?環境を変えないと・・医療・介護の前の、健康なまちづくりが必要、町が元気だと住人も元気になる。
 ハイリスクアプローチは、リスクが高い人を健診などでチェックし、個別に指導する。ポピュレーション・アプローチはリスクの大きさに関わらず全員にアプローチする。 ➔この言葉だけでは難しく感じますが、病院に来る人は、健康に関心がある人でまだいい、問題なのは病院に来ない人(来れない人)。そこでNudge(ナッジ)とうい考え方が非常に大切になってくる。
 健康に前向きになれない人に向けて 健康になろうという個人の努力を助ける。健康に無関心でも無意識に健康になれるしかけをつくる。
 海外でのしかけ➔@10回スクワットをすると地下鉄が無料   A石鹸の中におもちゃを入れ、手を洗いたくなる仕掛け(子供はおもちゃがほしくて一生懸命手を洗う)をして、感染症発生率が70%減少した。  などなど、沢山のことを学ぶことができました。

2018111302.jpg

 たくさん勉強して、夜は他県連の師長たちと交流会!(^^)!
 美味しいものを食べて〜☺・・・美味しいお酒も飲んで〜🍻🍺・・・

2018111303.jpg

 んでもって・・・秋田名物・・・👹なまはげ👹の登場❢

2018111304.jpg

2018111305.jpg

 てな感じで、とっても楽しく過ごすことができました❢

2018111306.jpg

副総看護師長 田中 晴美

posted by 川久保病院看護部 at 09:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。