2018年11月30日

いのちの章典権利実践交流集会

 11月17日(土)いのちの章典権利実践交流集会が開催されました。

 病院職員と医療生協の組合員さんとが交流できる貴重な場です。班会や健康祭りなど、交流する機会はありますが、一緒に意見交換したりできる場はそう多くはありません。

 今回のテーマは『あったらいいね こんなネットワーク』でした。
 若い世代の組合員さんが地域で必要としているつながりや、他院後、障害があっても地域で暮らせるためのネットワークなどの報告を受け、グループで意見交換しました。
 例えば退院後、組合員さんが出来そうなこと
 ➔「送迎はしてもいいけど事故が怖い、自分一人ならいいけど‥」「安否確認やゴミ捨てくらいだったらできそう。」など
 職員から見て、退院後にこんなことをやってもらえると
 ➔介護保険対象外で、サービスが使用できない人に、顔を見に行ってもらえると助かる、ゴミ捨てなんかやってもらえるとありがたい、ついでに食事の状況確認もできそう、など

 多くの意見が出て、実りある集会となりましたが、出た意見をどう実現させていくかが今後の大きな課題だと思います。

 今年で10回目を迎えた集会、来年は今年出た意見の実践報告が聞けると嬉しいな〜と思い終了しました☺

副総看護師長 田中晴美


2018113001.jpg

2018113002.jpg
posted by 川久保病院看護部 at 09:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。