2017年10月06日

上半期のまとめ

昨年度から行っている上半期のまとめ発表会を今年も開催しました(10/4)。
発表者、発表の仕方は自由。発表時間は1部署8分。

この発表会の目的は3つあります。
1つは、中間評価を行い、下半期の課題を明らかにする
 1年気が付けば終わってしまった。今年の目標は何だったのだろう?と終わるのではなく、きちんと目標に向かって課題を1つずつクリアしていく。できていることも実感しながら、次の課題を明らかにする。目標を達成するプロセスの1つにこの機会を設けています。

2つめは、他部署を知る。
 以外に知らない他部署の取り組み。あんなこと、こんなことやっているんだ〜。発表者のあの人は誰だろう。名前と顔が一致した。等、顔の見える関係づくりの場にもなればと思っています。

3つめは、発表者の訓練
決められた時間の中での発表は案外難しい。まとめる能力、発表の仕方、資料の準備。PC
操作。相手に伝えるって、体験してみないとわからないことも多い。院内だからこそ、訓練の場にもなります。


それで、今回はどうだったかというと・・
1つめは、全部署クリア。どの部署もきちんと振り返りの中から見えてきた課題を明らかにしていました。評価を数値化している所もあり、とてもわかりやすい発表でした。

2つめは、やはり知らないことも多い。さらっとは知っているつもりでも、スタッフや部署が様々な事を思い、取り組んでいることがわかる発表でした。普段はできていない所に目が行きがちですが、頑張っている事・できていることを直接聞けるって大事かも・・。

3つめは、昨年は全部署時間オーバー。発表者たちは思ったより8分って短い!と言っていましたが、今回はビシッと時間内に終わりましたよ。師長や主任、リーダー等、発表者は部署それぞれ。資料も各部署の特性がでて面白い。

昨年度よりもさらに成長がみえる発表会でした。
ちなみに各部署発表パワーポイントの一部。
発表は自由なので、各部署の特徴が良く出ています!

2017100701.png

2017100702.png

2017100703.png

年度末には一年の振り返りの会を行う予定にしています。
今からとても楽しみです。

小松

posted by 川久保病院看護部 at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マネジメント学会無事終了

9/30(土)日本医療マネジメント学会岩手県支部学術集会が行われました。川久保病院が初めて担当病院を務め、事前準備から当日の運営まで行いました。

今回のテーマは、「超高齢社会を迎え、みんなで向き合う医療・介護の倫理」〜もやもやを語り合い、共有しよう」一般演題23、特別講演、パネルディスカッション、ランチョンセミナーと盛りだくさんな内容となりました。

2017100601.jpg
(開始前の様子)

看護部からは、さわやかクリニックの平賀師長が「社会的背景を捉え個別性のある支援ができる問診方法の工夫」と題して、演題発表を行いました。

2017100602.jpg
(さわやかクリニック 平賀師長)

独居や高齢者世帯の多い岩手町において、自宅での様子、何に困っているのか親身になって支援が必要として「SVS(ソーシャルバイタルサイン)問診」を行っています。看護師と患者が1対1で、1人平均20分から30分かけて聞き取る問診方法で、元職業、家族構成、住宅見取り図、身体状況、ADL、介護サービス利用等を聞き取り、診察や生活指導に活用しているといった内容です。

発表の中のスライドを一部抜粋。
SVS問診を行ってみての感想です。

2017100603.jpg

2017100604.jpg

2017100605.jpg

SVS問診を行うことで個別性のある支援につながっていることを感じられました。

そして、おまけ。
私は一般演題の座長を務めさせていただきました。

2017100606.jpg

今回、はじめての大きな学会を担当するということで、わからない部分が多かったのですが、他の病院の方に座長や演題をお願いするなど様々なつながりができたこと。自分たちの発表を通じて他との違い「自分たちらしさ」を実感できたこと。準備に携わってくれた人はもちろん、多くの職員が参加しマネジメント学会に協力してくれたこと。まだまだたくさんありますが、はじめての体験ってたくさん得られるものがある!って勉強させていただきました。

さて、病院内の話になりますが・・
最近はNEW製品ラッシュ!!

約10年ぶりの買い替え。お風呂です!
温度の自動調整が素晴らしい。患者さんにも温まって気持ちいい!!と大好評。

2017100607.jpg

そして、救急カート。今まで種類がバラバラで、物品の配置が部署によって異なっていたものが全て統一。誰がどこで使っても同じ救急カートに変更になりました。安全面でも安心できます。

2017100608.jpg

そして、病棟のクロス替え。わかりづらいかもしれませんが、ホワイト×ピンク色の2色使い。スタッフの投票で決まったものを今回チョイス☆ 部屋が明るくなりましたよ。

2017100609.png

以上、最近の様子でした。
総看護師長 小松
posted by 川久保病院看護部 at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

職場ラウンドで見つけましたよ♪

 定期的に医療安全を担当している師長と各部署をラウンドしています。患者誤認防止のために患者確認を手順どおり行っているか、職員の言葉づかいや態度はふさわしいものか、挨拶ができているか・・基本的なことですが目で見て確認をしています。また、それだけだと悪いとこ探しみたい聞こえますが、患者さんと直接話をしたり、スタッフとも話できるので、知らなかったこと、頑張っている事などを改めて知る機会にもなります。

 そんな中で、見つけた今日の良いこと☆すごいこと
 まずは4病棟。手書きの壁新聞!「ファーム通信」というリハビリ病棟の患者さんスタッフで育てている野菜について書かれています。収穫の様子を紹介したり、栄養士さんの野菜に関わる豆知識が載っています。

2017092101.jpg

そして3病棟。
カウンターはすっかり秋!患者さんとの共同作業の作品が飾られています。

2017092102.jpg

2017092103.jpg

 そして外来。
 最近、患者・職員からもクオリティーが向上した!と評判の切り絵。

 中央治療室、内視鏡室、病児保育などで見ることができます。どの部署でも患者さんや来院の方に喜んでいただけるよう頑張っている気持ちが伝わってきました。
 病院って、怖い・痛い・できれば来たくない・・。そんな気持ちをすこしでも和らげる。そんな雰囲気が感じられます♪

2017092104.jpg

2017092105.jpg

2017092106.jpg
posted by 川久保病院看護部 at 10:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする