2018年06月12日

医療マネジメント学会に参加してきました。

6/7-9 札幌にて行われた医療マネジメント学会に参加し、WLBの取り組みについて発表してきました。昨年に引き続き2度目の発表です!発表までは準備があって大変ですが、自分達の取り組みの振り返りとなり、評価、課題が明らかになっていくので、学会での発表はとても重要なことだと思っています。

もちろん参加することもとても大事です。他での取り組みを知ることで自分たちの位置を知ることもできる!
様々な専門家の先生の話も聞くことができ非常に勉強になります。

○○はできている!○○はもっと頑張らなければ!と、看護管理において参考になることも多いです。そして、全国様々な人との出会いもあり、今回も本当に有意義な時間を過ごすことができました。

18061201.jpg

18061202.jpg

今後も、当院の看護師が複数の学会で発表する予定としています。
posted by 川久保病院看護部 at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

病院見学会随時受付しています

 4月1度もブログ更新しないまま、5月になってしまいました。

 今年は7名の新卒看護師を迎え、また新たな体制での1年がスタートしました。バタバタしている感じはありますが、新入職員を歓迎する貼り紙がいろいろな所に貼ってあるのを見つけると何だかとても嬉しい気持ちになります。

2018050201.jpg

2018050202.jpg

2018050203.jpg

 職員通路や階段など、目に付くところに各部署で貼っています。

 たまたま来院された学校の先生や、業者さんにも「なんだか良いですね〜」と、新人だけではなく他の方も見てくれて、病院の雰囲気が伝わっているようです。

 投稿が遅れましたが、入職式です

2018050204.jpg

2018050205.jpg

 歓迎会の様子です。新人さんと師長さんたち。

2018050206.jpg

今年も新人さんが来た〜・・と思っていたら、4月に入り看護学生さんたちから問い合わせが・・。来年国家試験を受ける学生さんたちから病院見学したい!と連絡がきています。

働く病院を選ぶには、一度見学することはお勧めしています。募集案内や病院パンフレットに書かれていることを重視することも大事ですが、自分の目で見て決めることも大事。自分の看護師としてスタートする場所ですから、いろいろな病院を見てほしいですね。

と、いうことで、2019年3月卒業予定の看護学生さんの病院見学随時受け付けています。
特に日程は設けていません。お電話頂いて、日程や時間は調整しています。川久保で働いてみたい方、気になる方、どうぞお電話くださいね。

連絡先:川久保病院 
電話番号:019-635-1305
*病院見学の希望で電話しましたと伝えてください。
posted by 川久保病院看護部 at 15:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

異動にあたり一言

2016年5月〜2018年3月末までの2年弱、さわやかクリニック師長として務めさせて頂きました。
それ以前は、川久保病院で回復期リハビリ病棟の師長でしたので、外来経験は初めてでした。外来デビューした日が昨日のことの様に、あっという間に2年が過ぎました。

2年間で特に力を入れて取り組んだことが3つあります。
1つ目はSVS問診(ソーシャルバイタルサイン問診)開始です。
クリニックのある岩手町は、高齢者が多く、独居や高齢者世帯の多い地域です。クリニックには小児から高齢者まで幅広い年齢層の患者さんが来院されますが、60歳から90歳代の患者層が全体の半分を占めています。外来では、病気を診るだけではなく、生活支援を必要とする事例が多いです。問診内容として、家族構成、緊急連絡先、住宅見取図、身体状況、介護認定状況なども確認し、その人らしく生活出来るように、心配毎があればサポートしてきました。今まで170件くらいの問診を取り対応しています。

2つ目は糖尿病の療養指導です。
看護師が1人の患者に30分以上の時間をかけて、糖尿病について学習メニューを考えて毎月来院時に学習していく取り組みです。これを行うことで、血糖値が安定してきた患者さんも実際にいましたので効果も出ています。

3つ目は、「わたしのカルテ」導入です。
糖尿病などの慢性の患者さん、急変が予想される患者さんなどに主に使用しています。
独居高齢患者が多い中、週末や夜間に急変が予想される方にも、検査データや簡単なサマリーを作成し、ファイルとして渡して、他院にかかっても安心して受診出来る様に出来ました。

まだまだ沢山ありますが、短期間に沢山の取り組みが出来たのはフットワークが軽く、患者さんの為に何をしたら良いかを常日頃から考え実施している院長先生を始め、看護スタッフ等の協力があってこそでした。岩手町の健康推進課の方々にも沢山協力頂きながら、気になる患者さんの対応をタイムリーにすることが出来ました。クリニック内だけではなく、地域の方々行政とも密接に関われたのはとても勉強になりました、感謝しております。

4月からは川久保病院で地域連携業務を担当します。慌ただしい毎日が予想されますが、経験を活かし頑張って行きたいです。今後とも宜しくお願い致します。

さわやかクリニック師長 平賀 貴子


posted by 川久保病院看護部 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする